走っていく自転車

最近は自転車による歩行者事故が増えています。
なかには死亡事故を引き起こして、高額賠償を求められるケースも出ています。
特に高齢者社会になってからは、散歩をしたり、ショッピングをしている高齢者が増えています。
また自転車ブームによって、自転車を乗り回す若者も増えています。
この両者がぶつかることによって、思いもかけない事故が起こってしまうのです。
相手が子供だったり高齢者の場合は、自転車に接触しただけで大事故につながります。
その結果、高額な慰謝料や治療費を請求されてしまうのです。
そのような事態に備えるため、自転車保険が人気を集めています。
保険に加入しておけば、万一不幸な事故を起こしても安心できます。
色々な保険会社から自転車保険が売り出されているので、ネットのランキングを参考にすると選びやすいのです。
ランキングには実際に利用した人の感想が載っています。
また口コミランキングなどもありますので、保険を選ぶ時の参考になります。
これからは自動車保険と並んで、自転車保険の加入が一般的になります。
それと共にネットのランキングもたくさん活用されるようになります。

自転車と白い服

 自転車保険の保険料についてですが、これは先ほども書きましたように、販売チャネルによって変わってきます。
 代理店と通販を比較した場合、通販の方が基本的には安いです。
 なぜならば、代理店の場合は、代理店手数料や事務経費などの代理店に関わる諸費用が発生するからです。
その点、インターネットやコンビニによる通販の場合、代理店が存在せず、損保会社が直接契約者に対して販売しますので、代理店に関わる諸費用は一切発生しません。
その分、安くすることが可能になるのです。
 インターネットに掲載されている商品のランキングを見たとき、なぜこの商品は安いのだろうと思われた人は多いと思います。
その理由は、先ほど書きましたように、販売チャネルの構造にあるのです。
ですから、ランキングを見ると通販系の損保会社の商品が安さにおいては上位に上がることが多いのです。
 ただ、商品を選ぶ際は、安さだけではなくて、自分に合った補償を選択することが大切であることは言うまでもありません。

自転車と青い服

 自転車保険の販売チャネルは、代理店と通販の2つがあります。
 まず、代理店ですが、損保会社から商品の販売を委託された代理店が、基本的に対面により商品を販売します。
契約者の顔と代理店担当者の顔を合わせて、相談が行われたり、契約手続が行われます。
また、事故の際は、身近な存在として頼ることができますので、安心感があるのがポイントになります。
 それから、通販ですが、インターネットやコンビニで契約ができるのが特徴です。
損保会社が直接契約者に対して販売しますので、代理店にかかるコストを省くことができ、その分、保険料を安くすることが可能です。
ですから、基本的に、代理店で契約するよりも、通販で契約する方が安いです。
また、自分の都合の良い時に契約手続を行うことが可能です。
 代理店、通販それぞれ特徴があります。
保険の知識有無などを考慮して、自分に合った販売チャネルを活用して、いざというときのための補償を備えると良いでしょう。

自転車と青い服1

自転車を利用される方であれば、保険に加入することは必須と考えることができます。
その内容にも、いろいろなものがあり、少しでも有利なものを探すことも必要です。
このときにはインターネットの情報を有効に利用することも必要なことです。
いろいろな内容のものの中から、自分に合った内容のものを選択することができれば、安心して自転車を楽しむことができるようになります。
最近の自転車は高性能のものが多くなっているため、スピードがでます。
そのため、何かあったときには、大きな事故になることも考えておくことが必要です。
そのようなときに、心強い味方になってくれる保険をしっかり探すことは、非常に重要なことと考えていくことも必要です。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031